株式の配当金の推移、株主優待制度について掲載しています。

配当方針

当社は、企業価値を継続的に拡大し、株主への利益還元を行うことを重要な経営課題と認識しております。毎期の業績、財政状況を勘案しつつ、将来の事業拡大のために必要な内部留保とのバランスを図りながら配当による株主への利益還元を安定的かつ継続的に実施する方針であります。
当社の剰余金の配当は、中間および期末配当の年2回を基本的な方針としております。
また、配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

配当金について

2015年8月期の1株当たりの配当金は以下の通りです。

配当金推移

(注)
1.2011年8月期および2012年8月期については、2012年4月30日付株式分割(1:2)、2013年1月31日付株式分割(1:2)を考慮しております。
2.2011年8月期の1株当たり配当金は記念配当1.25円を含んでおります。
3.2012年8月期の1株当たり配当金は記念配当1.75円を含んでおります。

株主優待

株主優待内容

UCギフトカード(1,000円分)

 優待制度の目的

当社株式への投資魅力を向上させ、より多くの皆さまに当社株式を保有していただくため

割当基準日

8月末日

所有株式数

100株以上(1単元株式以上)

株式分割

株式分割とは、会社法第183条に基づき株式を細分化して発行株式数を増加させることです。
株式分割は株式数を増加させるものの、純資産や資本金の変動はないため。1株当たりの株価が下がることになり、株式の流通性が高まるため株式の売買がしやすくなります。

2013年1月

株式分割

1:02

2012年4月

株式分割

1:02

このページと一緒によく見られているページ